スキンケア 化粧水

1本でブースターと角質ケア!ジュランツの拭き取り化粧水セルコンディショニングローションを継続使用した口コミ

2017/06/30


こんにちは!マヒナです。

ただいまライン使いで愛用しているのが、ドクターズコスメのジュランツです。

本日ご紹介するセルコンディショニングローションは古い角質や毛穴の奥の皮脂汚れを取りのぞいて、美容液などの浸透をよくしてくれる拭き取り用化粧水。

前回ご紹介した、リファインリッチローションの浸透もグンとよくなるんです!

美容皮膚科の高須英津子医師が構想から完成まで3年の年月をかけて開発したという、究極の拭き取り用化粧水です。

≫≫≫美容皮膚科医発 スキンケア化粧品「ジュランツ」

拭き取り化粧水のイメージが変わる?

マヒナは20代の頃に某有名コスメブランドのカウンターで拭き取り用化粧水をすすめられて使っていたことがあるんですが、刺激が強く肌がヒリヒリしてしまい、かえって肌が荒れてしまった経験があるんです。

だからあんまり拭き取り化粧水には良いイメージがなくって・・・。

今回も使うのを迷ったんですが、美容ライターのお友達に、ジュランツを使うならセルコンディショニングローションも使ったほうが断然効果がアップするよーと教えてもらったので、それなら!と使ってみることにしたんですが。

ホントに正解でした!

日頃のお手入れではなかなか改善しなかった、Tゾーンやアゴのごわついた肌がやわらかくなってキメが整ってきたんです。

その後につけるジュランツ人気ナンバーワン化粧水リファインリッチローションに配合されているGF(グロースファクター)の浸透がグンとよくなるのでお肌も、よりふっくらしてきますよ。

アラフィフこそ拭き取り化粧水が必要?!


セルコンディショニングローションは、敏感肌やニキビができていても使えるほどの低刺激処方。

拭き取ったあとのお肌はスベスベしながらも乾燥したりしないし、手が吸いつくようなやわらかい感触になるんですよ。

マヒナのように拭き取り化粧水でヒリヒリしたり肌が荒れたことがある人は、今までのイメージがひっくりかえると思います!

今思うと、以前使ったコスメはたしかに刺激が強かったのかもしれないけど、まだ20代でそれほど古い角質もたまっていなかったので使う必要がなかったのかも・・・。

やっぱり40代以降はお肌のターンオーバーもグッと悪くなるし、どうしても古い角質が残ってお肌がゴワゴワになってくるんです。

古い角質が残ったままいくら効果の高い美容成分をお肌につけても、浸透が悪く効果も半減してしまうんですよね。

いっしょうけんめいケアしているのにお肌が柔らかくならないという場合は、一度しっかり角質ケアをしてみるといいかも。

ジュランツセルコンディショニングローションの口コミ


リファインリッチローションよりすこしだけ大きいガラスのボトル。

美しい水色のテクスチャーが印象的です。


この水色はクチナシの実からとれる、天然色素の色なんです。
手にとると透明に見えますね。

サラッとしていて、匂いはありません。

500円大をコットンにふくませて、やさしくお肌の上にすべらせます。

むかし使った拭き取り化粧水は肌につけたとたんヒリヒリと強い刺激を感じたのですが、セルコンディショニングローションはまったく刺激がなくヒリヒリしないので使いやすいです。

いきなり角質がボロボロとれるという事はなかったのですが、お肌がすぐにやわらかくスベスベになるのがわかります。

このあと美容液をつけると、いつもよりグイグイお肌に浸透していくのを感じましたよ。

ジュランツのセルコンディショニングローションの特徴


セルコンディショニングローションの角質をやわらかく整えてくれる成分は、お肌にもふくまれる天然保湿成分「尿素」です。

尿素にはタンパク質を分解して古い角質をやわらかくしたり、ターンオーバーを促進してくれる働きがあります。

またセルコンディショニングローションにはお肌を保湿してくれる天然植物成分や、3GF(グロースファクター)・ビタミンA誘導体(パルミチン酸レチノール)などの美肌成分も配合。

ビタミンA誘導体(パルミチン酸レチノール)は、表皮の新陳代謝を高めてキメを整えてくれる成分。
グロースファクターは別名「細胞再生因子」といい、お肌のターンオーバーを活性化してくれる成分です。

角質ケアだけじゃなく、ふっくらとキメの整ったお肌にしてくれる拭き取り化粧水なんですね。

セルコンディショニングローションの全成分はコチラ↓

水・PG・オレス-20・BG・ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル・グリセリン・尿素・キュウリ果実エキス・リンゴ果実エキス・ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1・ヒトオリゴペプチド-13・合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31・セラミドNP・セラミドAP・セラミドEOP・フィトスフィンゴシン・オタネニンジン根エキス・アルニカ花エキス・セイヨウキズタ葉エキス・セイヨウキズタ茎エキス・セイヨウニワトコ花エキス・アルゲエキス・ゼニアオイ花エキス・パリエタリアエキス・パルミチン酸レチノール・アラントイン・レシチン・ダイズ油・コーン油・ラウロイルラクチレートNa・コレステロール・キサンタンガム・カルボマー・エタノール・デキストリン・クチナシ青・フェノキシエタノール・メチルパラベン

 

セルコンディショニングローションとリファインリッチローションは相性抜群


厚く固くなった角質は放置せずに、柔らかく整えてげることが美肌への近道。

セルコンディショニングローションは、リファインリッチローションと一緒に使うことでより効果が得られるように作られています。

リファインリッチローションだけ使うよりもGF(細胞再生因子)や、セラミド、ヒアルロン酸などの美容成分がグングン浸透するので、ターンオーバーが活性化してふっくらキメの整ったお肌になれるんです。

セルコンディショニングローションを継続使用してみて


拭き取り化粧水を毎日使うのはお肌に負担にならないかな?と最初は少し心配だったのですが、セルコンディショニングローションは、低刺激処方で肌がヒリヒリしたり赤くなったりは全くありませんでした。

マヒナは気になるTゾーンやアゴ、小鼻などを中心に使っていて、もうすぐ1本使い終わりそうです。
特に気になる小鼻などは、コットンパックをしているのですがザラザラ感がなくなってやわらかいお肌になってきました。

ただ角質のとりすぎもよくないような気がするので、夜にセルコンディショニングローションでしっかりと角質ケアしたら朝はリファインリッチローションと美容液だけでお手入れするようにしています。

朝だけの使用でもかなりお肌が柔らかくなり毛穴の黒ずみも目立たなくなってきたし、しっかり美容成分が浸透できるようになったおかげで乾燥しずらく安定したお肌になってきました。

拭き取り化粧水にはイヤなイメージがあったけど、

✔お肌にやさしい処方のものを選ぶ

✔角質ケアが必要な時、必要な場所に使う

✔きちんと効果の出る、信頼できるブランドのものを使う

 

ことで、お肌を柔らかくターンオーバーも整えてくれるアラフィフにぴったりのコスメだということがわかりました!

引き続きふっくらやわらかいお肌を目指して、セルコンディショニングローションでお手入れ続けていきます。

ジュランツは公式オンラインサイトで購入できます

ジュランツ セルコンディショニングローション 150ml 価格 6,480円(税別)

ジュランツのスキンケアコスメがひととおり入った、トライアルセットもありますよ。

ジュランツ公式オンライサイトはこちら≫≫≫美容皮膚科医発 スキンケア化粧品「ジュランツ」

-スキンケア, 化粧水