コラム

愛情ホルモン“オキシトシン”を増やしてアンチエイジング♪

2016/06/24

子猫
こんにちは!日々ゆるりとアンチエイジングのマヒナです。

“オキシトシン”っていうホルモンをご存知ですか?
“オキシトシン”は愛情ホルモンとも呼ばれ、このホルモンが分泌されることでパートナーとの信頼関係が生まれやすくなったり、ストレスが軽減されたりするのだとか。
また女性は出産後にこのオキシトシンを分泌することで、母乳が作られたりこのホルモンのおかげで、より赤ちゃんに対する愛情が強くなるんだそうです。

そんな人間関係に大きな影響をもたらすホルモン“オキシトシン”はアンチエイジング効果があることもわかったんです。
とても気になるオキシトシンの事、まとめてみました♪

オキシトシン分泌のメリットは?

◎人に対する信頼感が生まれやすくなる
◎不安やストレスを軽減し、心の安定をもたらす
◎睡眠を促す◎社交性が増し、他者と関わりたいという気持ちをもたらす
◎幸福感が増す
◎感染症の予防につながる

などなど、オキシトシンが分泌する事で、より充実した日々をおくることができそうですね。

そしてオキシトシンが分泌すると、

◎免疫力がアップする
◎老化した筋肉を若返らせる

という、嬉しいアンチエイジング効果も期待できるんだそうですよ^^

この筋肉を若返らせる働きというのは、マウスをつかった実験で年をとったマウスにオキシトシンを注射したところ、若いマウスの80%まで筋肉が若返ったという報告があるんだそうです。
この実験から人間にも効果が期待でき、“タルミ”などのエイジングサインの改善できるかもしれないと美容業界も注目しているんだそうです。

オキシトシンを分泌させるには?

◎親しい人とのスキンシップ
◎ペットを可愛がる
◎心安らぐ友人や家族と食事をする
◎楽しいおしゃべりをする
◎他人に親切にする

以上の事を心がけることでオキシトシンが分泌するのだとか。

また、ひとり暮らしでペットを飼えないなんていう場合でも、感動できる映画を観る、素直に“可愛い”“大好き”と感情を表現するだけでも効果があるんだそうですよ。
オキシトシンを出したいから親切にする、ペットを可愛がるなんてちょっと順番が逆なんじゃ・・・なんて気もしますが、普段から心安らかに愛情深く生きていくことで“オキシトシン”が分泌されて、そしてより愛情深い毎日が送れる・・・。
そんな良いサイクルが生まれるのかもしれませんね。

マヒナは余裕が無いと、ついついイライラして“オキシトシン”不足の負のサイクルに陥りがち^^;
そんな時はまず大好きな我が家の愛猫ちゃんを思いきり可愛がって、良いサイクルで生活できるように心がけようと思いました^^

-コラム